糖尿病について

過食よりも飢餓状態の方が断然長かった我々人類。
太古の時代、生きるには血糖値を上昇させることを優先する必要がありました。
過食することが無かった頃、わざわざ血糖値を下げるシステムはそんなに必要なかったはずです。
元々人類は食べ物に困っていた時代が長かったため、飽食の時代に合った体ではありません。
膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」は血糖を下げる唯一のホルモンです。

「食べ放題」「飲み放題」「好きなものを好きなだけ」「炭水化物が主食」が当たり前となった現在、血糖値を下げられない人が増えました。
過食や偏食を原因とするⅡ型糖尿病が増加傾向です。
昔は日本人40歳以上の「6人にひとりが糖尿病」と言われていましたが、現在「4人にひとり」とも言われております。

血糖値が高いまま下げることが出来ない状態が長く続くと何が待っているのか?
これは知っておく必要があります。

糖尿病 ~原因と症状~

【原因は?】
過食・肥満・運動不足・ストレスなどが原因です。
ストレスを受ける → グルカゴン、アドレナリン、副腎皮質ホルモン分泌↑ → 血糖値上昇 → 緊張が続くと高血糖が続く  → 糖尿病リスク上昇

【糖尿病は2つのタイプ】
Ⅰ型糖尿病:小児期~自己免疫疾患の一つ(インスリンが欠如)
Ⅱ型糖尿病:大人~インスリンの分泌が悪くなったり、体の細胞がインスリンに反応しなくなる→血糖値が高くなる。

血糖値を下げるインスリンの働きを覚えておきましょう。
・筋肉にブドウ糖を運ぶ
・余分なブドウ糖を脂肪に変えて脂肪組織に蓄える
・ブドウ糖をグリコーゲンに変え蓄える

【症状】
血液が糖でドロドロになるとそれを薄めようと体の水分が血液中に入り、血液中の増えた水分が尿となり頻尿・多尿となる。
従って、体の水分が奪われてしまうので口渇・多飲・肌の乾燥・のぼせ・ほてり感を生じます。
最初は自覚症状はほとんどないのですが、慢性化すると顕著となります。
このような体液不足のことを漢方では「陰虚」といいます。
自動車に例えると冷却水不足のオーバーヒート状態です。

インスリンの働きが悪くなると、糖からエネルギーがとれなくなり脂肪、タンパク質の代謝に障害が起きます。
そして、全身倦怠感、脱力感を生じます。これを漢方では元気不足の「気虚」といいます。

糖尿病 ~怖い合併症~

糖尿病が長く続くと高血糖で「砂糖漬け」になった血管は細い毛細血管からボロボロと壊れ、血行障害や神経障害を起こします。

手足のしびれ、痛み、感覚の異常、脳梗塞、狭心症など血行不良の「お血」が原因の症状が出てきます。
最悪の場合、失明したり、腎障害で人工透析が必要になったり、足が壊死して切断が必要だったり、命を落とすことがありますので症状をなるべく悪化させないようにしましょう。

糖尿病 ~漢方でアプローチ~

古代中国の伝統医学(中医学)の文献に糖尿病という記載はなく、似た病名では「消渇(しょうかち)証」となります。
消渇証の「消」は痩せるということで「渇」は文字通り口渇のことです。
糖尿病が進行する特徴であり、体液不足の「陰虚」と元気不足の「陰虚」。
これら両方合わせて「気陰両虚」といいます。
そこに血行不良の「お血」を低減させることが必要です。

漢方は三本柱。
補気薬と滋陰薬、そして活血薬をその方の体質に合わせて処方を使います。
三種類の処方が必要という意味ではなく、どこを優先的に改善するかがポイントです。
症状が軽ければ1処方、症状が複雑ならば2~3処方を組み合わせます。

中年以降は体にやさしい漢方薬で

先日、こんなご相談をお受けしました。
「 クレアチニンが高いと医者から言われたが、良い漢方薬はないか?」ご相談に来られたのは85歳の男性S様です。
S様は、3カ月前に入院して心臓の手術を受けられそうです。その際に造影剤剤を使用して、それから急にクレアチニン値が高くなったとのことでした。
毎月検査をするとクレアチニン値が 1.2 → 1.5 →1.82 と段々高くなっていくので医師に相談しましたが治療や薬はないと言われ、漢方薬でなんとなならないかと当店にご来店されました。
クレアチニンをご存知ですか?
クレアチニンは、腎機能を調べる血液検査。腎臓がどの程度機能しているかの1つの目安になるものです。血液中の老廃物のひとつで、通常は腎臓でろ過されてほとんどに尿中に排出されませんが、腎機能が低下していると尿中に排泄されず血液中に蓄積されます。

この血液中のクレアチニンを「血清クレアチニン値」」といいます。
基準値は男性0.5~1.1 ㎎/㎗ 以下、女性0.4~0.8㎎/㎗ 以下です。
クレアチニン値が基準値より高いということは、腎臓に何らかのトラブルがある・腎機能が低下していると考えられます。
ところで、腎臓ってどんな働き をしていると思いますか?
「腎臓=尿をつくる臓器」それだけではないのです。
・ 老廃物を排出する
・ 血液を造るホルモンを出す
・丈夫な骨をつくる
・血圧の調節をする
・体液・ イオンバランスを調節する
などの働きをしていて『 血液のクリーニング装置』でもあるのです。
腎臓の機能はいったん落ちてしまうと回復することができません
ですから、いかに腎臓への負担を軽くしてあげるかがクレアチニンの改善のポイントなのです。
S様のお話に戻りますね。
検査結果を見せていただくとクレアチニンの他にも尿素窒素や尿酸の値も基準値より高くなっていました。ただ、タンパクと潜血反応はありませんでした。
また、10年以上前から糖尿病も患っていてから血糖値や血圧を下げるお薬を服用されているとのことでした。
今回は造影剤使用後にクレアチニン値が悪化したようですが、もともと糖尿病があった ことで腎臓に負担がかかっていたのは間違いありません。
そのほかに、トイレに 一日 10回 以上行き・夜中も2~3回トイレに行く、体のだるさ、 足のむくみ、軟便などの症状がありました。
腎臓は血液をきれいにしてくれる大切な臓器でいったん機能が落ちてしまうと回復は難しいこと、腎臓のメインは腎糸球体という毛細血管の塊で、1個の腎臓に200万個の血液ろ過装置があり血液が非常に豊富な臓器であること、腎臓の負担を軽くするためには、血液の質をよくしてあげることが一番 必要なことなどをお話しました。
漢方薬は、血液の質を改善することで腎臓への負担を軽くしてあげる 活血薬をメインに使い、体のだるさや軟便といった体に元気の足りない症状もでていたので、それを補う健脾薬と、もともと糖尿病もあり腎の働きが弱っているようでしたので、腎の働きを助けるために補腎薬と3種類の漢方薬をお渡ししました。
お薬代は 一か月分で二万円ちょっとでした。
毎日3回、食間に漢方薬を 忘れずに服用すること、体を冷やさないこと、栄養のバランスを考えた食事を摂ること(とくにタンパク質の取り過ぎに注意する)、体がだるくなくなれば散歩などの軽い運動を少しすること、しっかり睡眠をとること、水分の取り過ぎに 注意して温かい飲み物 にすることなどをお話させていただきました。
そして、ちょうど一か月後・・・S様がご来店されました。ご様子をお聞きすると、漢方薬を服用して二週間後にクレアチニンの血液検査をしたら数値が1.6と下がっていた そうです。
さらに二週間後の検査(漢方薬 を服用して四週間後) では1.5とさらに下がっていたそうです。数か月の間、毎月上り続けていたクレアチニン値が 一か月で0.3以上下がったのでドクターも大変驚いたそうで、「何かしたの?」ドクターから聞かれたので「漢方薬を飲んだ」と お話されたそうです。
私自身も、クレアチニン値が下がるのに2~3カ月くらいかかるかなと思っていたので2週間で効果があらわれるとは驚きました(改めて漢方って凄いなぁと感じました)。漢方薬を気に入ってくださったS様。その後も一か月おきにご購入されて現在も服用しています。
来月もクレアチニの検査を受けられるそうですが、 また数値が下がっているかなと嬉しそうにお話されていました。
S様は、クレアチニン値は高めでしたが尿タンパク(-)血尿(-)でしたので 上記の漢方薬をおすすめしました。
尿タンパクや血尿のある方は、同じくクレアチニン値が高い場合でも違う漢方薬をおすすめすることもありますし、昔ながらの煎じ薬をご希望の方には、 煎じ薬を調合いたします。

はじめての方へ

STEP

1

お電話でご予約
025-222-8375

西山薬局は、お一人お一人の体質や症状を伺い、ご本人様にピッタリと合った漢方をお選びするため初回は30~40分お時間をいただいております。
ご相談のお時間を確実にお取りするため完全予約制とさせていただいております。
※メールでのご新規相談予約はお受けしておりませんので必ず電話してください

STEP

2

ご来店

ご予約時間の5分前までにお越しください。初回はじっくりお話を伺います(30~40分程度)。漢方では身体全体を診ます。訴えている症状と関係ないと思われるような睡眠・食欲・便通・汗・ストレスの有無、女性は月経周期などについてもお聞きします。
※ご予算・相談料等は下記をご覧ください

STEP

3

2回目以降のご相談

対面で相談をご希望の方はご予約願います。お時間は15~20分みてください。遠方で来店が厳しい方はLINE@やスカイプなどSNSによる相談も可能です(ご来店され二回目以降のご相談)。お薬は宅急便にて毎日発送しております。

STEP

1

お電話でご予約
025-222-8375

西山薬局は、お一人お一人の体質や症状を伺い、ご本人様にピッタリと合った漢方をお選びするため初回は30~40分お時間をいただいております。
ご相談のお時間を確実にお取りするため完全予約制とさせていただいております。
※メールでのご新規相談予約はお受けしておりませんので必ず電話してください

お薬のご予算

不妊症、皮膚病、難治性疾患については別途お問い合わせください
コース名 料金(税別)
漢方相談(カウンセリング・測定等)
初回のみ
(お薬ご購入の方はサービス)
3,000円/件
糖尿病の漢方薬
煎じ薬、エキス剤、錠剤など
1万~1.5万円/14日
14日分からお渡しできます
糖尿病の漢方薬
煎じ薬、エキス剤、錠剤など
1万~1.5万円/14日
14日分からお渡しできます

電話で予約する(タップでつながります)

025-222-8375

漢方薬の西山薬局
〒951-8067 新潟市中央区本町通四番町221
最寄駅:JR新潟駅(タクシー5分)JR白山駅(タクシー5分)
新潟交通バス停:本町通五番町
yahooやgmailなどのサービスをご利用の方はkanpou■kanpou-nishiyama.com(■は@)の受信設定をしてください。
お急ぎの場合、営業時間内にお電話にてご確認ください(返信までにお時間を要する場合がございますのでご了承ください)

ご記入くださったメールアドレスに西山薬局からご返信いたします。1週間以上経過しても返信がない場合は、アドレス入力ミスが考えられ、お手数ですが再度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

会社概要

西山薬局のご案内

明治三十四年(1901年)より漢方専門薬局として100年以上現在の店舗(新潟市中央区本町通四番町)にて変わらず営業しております。
現在ではacupuncture(鍼灸治療)も積極的に取り入れ、お客様の悩みの症状・体調・体質をじっくり伺い、オーダーメード漢方・acupuncture(鍼灸治療)の両面でサポートしています。
当店で多いご相談の内容は、1位 婦人科系疾患、2位 不妊症、3位アトピー性皮膚炎などの皮膚病、4位 糖尿病、5位 ダイエットとなります。
日本の伝統医学である「漢方薬」を使った自然な身体づくりを、サポート致します。

西條弓子

西山薬局の四代目(旧姓西山)
【ライセンス】
薬剤師国家資格
【所属団体】
新潟市学校薬剤師部会委員
全国自然薬研究会 自然薬師
日本中医薬研究会会員
新潟中医薬研究会会員
【相談内容】
皮膚病・アトピー全般
糖尿病・生活習慣病など

西條信義

【ライセンス】
新潟県医薬品登録販売者

学会認定不妊カウンセラー
中国政府国際中医師A級
鍼灸師国家資格
【所属団体】
日本不妊カウンセリング学会
日本中医薬研究会
新潟中医薬研究会(会長)
【相談内容】
不妊症(男女)、痛み全般、ダイエットなど

社名 (有)ニシヤマ
薬局名 西山薬局
設立 1901年 8月
所在地 〒951-8067 新潟県新潟市中央区本町通四番町221
連絡先

TEL:025-222-8375
Email:kanpou@kanpou-nishiyama.com

薬局開設許可番号 許可新市 第278号(新潟市保健所)
薬局製造販売医薬品製造販売業許可証 製販新市 第27号(新潟市保健所)
医薬品製造業許可証 製造新市 第27号(新潟市保健所)
所在地 〒951-8067 新潟県新潟市中央区本町通四番町221
その他、医薬品の区分と情報提供についてなどはPC版ページへ

VISA・マスターカード・コンビニ決済
送料無料

西山薬局が明治三十四年創業時から素材に拘り作り続けている「西山薬局の健康茶」をはじめ、薬草、健康食品、お灸など24時間お買い物可能オンラインストア。全国送料無料で発送いたします。

オンラインストアへ